乳酸菌たっぷりの漬物ですべすべお肌に

こんにちは、おなかマートです!

さて、今週は漬物に多く含まれる乳酸菌の善玉菌パワーについてお話したいと思います。

漬物と乳酸菌?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが実はすごかったのです!
詳しくはこれからご紹介しますね。

静かなブームのぬか床

突然ですが漬物はお好きですか?

今 でる美

私はお漬物大好きです!

これまで漬物と言えばお年寄りが好きな食べ物のイメージが有りましたが、最近は漬物は体に良いとかで若い女性にも漬物好きが多くなりました。
さらには「ぬか床」なんかも静かなブームになっており、あの石原さとみさんや杏さんも「ぬか漬け」にハマっているそうですよ。

玉ちゃん

だって、漬物には乳酸菌がたっぷり入っているんだよ!
漬物は美味しいうえにおなかに良いとなると、そりゃあ女優さんもハマるでしょう!

それでは、さっそく漬物と乳酸菌についてご紹介しますね。

漬物に多く含まれる乳酸菌の種類とは

乳酸菌ですぐに思い浮かぶのは「ヨーグルト」「乳製品」「善玉菌プラス」ですよね。
特にヨーグルトは腸に良いからと言って食べている人も多いと思います。

乳酸菌はいわゆる「菌」の一種ですが、オリゴ糖などを利用した乳酸をはじめ「酸」を作り出す菌のことをいいます。

これは自然界に広くあるものですが、人間の体に存在しているのがビフィズス菌、アシドフィルス菌、腸球菌の一種であるフェカーリス菌など、これらをまとめて「善玉菌」と呼んでいます。

今 でる美

なるほど、人間の体内には良い菌が重要なのね。
そして、この乳酸菌を摂取することによって、腸内にあるビフィズス菌を増やしたり善玉菌を増やしたりもするのだ!

玉ちゃん

また乳酸と酢酸を作り出して腸の働きを良くし有害な菌の増殖を抑える役目もしています。
乳酸菌は本当に体にいいのですが、この乳酸菌は生きて腸に届かなければ意味がありません。

さらに、乳酸菌は大きく2つに別れます。一つは「動物性乳酸菌」、もう一つが「植物性乳酸菌」です。

それぞれの特徴として、動物性乳酸菌はほとんどが腸まで届かずに死んでしまいますが、植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届くのです!

腸まで生きて届かない動物性乳酸菌ですが、その死んだ菌を食べて増える善玉菌もあるようなので、これはこれで必要なのだそうです。人間の身体ってよくできていますよね。

そして、植物性乳酸菌はとても強くできています。
胃酸にも強く、また植物性乳酸菌は漬物には塩分も含んでいますので、酸だけでなく濃い塩水の中でも生きていられるそうです。

どんな漬物に善玉菌の量が多いの?

今 でる美

なるほど、そしたらもっと漬物を食べなきゃと思えてきたよ!
でもどんな漬物が良いのかな?

まず漬物ですが、浅漬けなど調味液で漬けた漬物には乳酸菌はありません。
なので発酵している漬物、たくあん漬け、ぬか漬け、柴漬け、すぐき漬けなどに植物性乳酸菌が含まれていますので、選ぶときはこれらの漬物を積極的に選ぶようにしましょう。

そして、市販の漬物よりも自家製の漬物の方がより多く乳酸菌があるようです。
これは、最近の市販の漬物には科学調味料や添加物が多く使われていて、それらが植物性乳酸菌の量を減らしてしまうそうです。

なので、スーパーで漬物を買う際にはパッケージの裏にある「原材料」のところをチェックすることをオススメします。

特に保存料の一種で添加物「ソルビン酸」は腸内の善玉菌を減らしてしまうようなので注意が必要です。

今 でる美

だから、女優さんやモデルさんの間でぬか床が流行っているんですね!
ぬか床にはもっとすごい力が有るんだよ!
「ぬか」には、たった2グラムの中に2億個以上の乳酸菌が含まれているのだ!

玉ちゃん

今 でる美

え~~~!驚き!

だから自家製のぬか漬けが一番効果的なのです。

そして漬物には水に溶けにくい食物繊維があるので、これが腸内のぜん動運動をより強く刺激して便通にもいいそうですよ。
植物性乳酸菌と食物繊維のダブル効果が期待できそうですね。

皆さんも、ぬか漬け食べて便秘を解消してすべすべのお肌になりましょう!

漬物だけでは足りない分はベルギー産の植物性乳酸菌と有胞子乳酸菌、ビフィズス菌がたっぷり入った善玉菌プラスで補いましょう!