乳酸菌は生きていなくてもはたらくの?死菌のはたらき

こんにちは。おなかマートブログです。

近頃、生きていない乳酸菌を使用したお菓子や食品を目にするようになってきました。
対して、「生きて腸まで届く」と言われる乳酸菌もご存じであるはずです。

今回は、乳酸菌は生きていない死菌の状態であっても私たちのからだに有効にはたらくのか、一緒に学んでいきましょう!

そもそも乳酸菌ってなんだっけ?ちょっとおさらい

乳酸菌は体内に取り込まれたとき、健康に良いとされる影響を与えるということは、皆さんもご存じの知識でしょう。

厳密に分類すると乳酸菌とは別の菌とされるビフィズス菌も、乳酸菌とよく似た働きをすることから乳酸菌として扱われることもあります。

また乳酸菌は、漬物やヨーグルト、味噌、醤油などの発酵食品を作る際に重要な役割を担っています。
それら発酵食品独特のしょっぱさや良い香りは、乳酸菌によって作り出された乳酸が食品を酸性にすることで生まれます。

生きた乳酸菌はプロバイオティクスと呼ばれ、プロバイオティクスは「体に良い効果をもたらす目的で食品などに加えられている乳酸菌やビフィズス菌などの菌そのもののこと」ということは、以前ご紹介しましたね。

摂取×増殖!善玉菌を増やす注目の健康法

今 でる美

生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌?もちろん、生きてる方が良いに決まってるんじゃないの?
それは違うんだ、でる美ちゃん。生きていない乳酸菌にも、隠れた力があるんだよ。

玉ちゃん

生きている乳酸菌と生きていない乳酸菌のちがい

乳酸菌はマイナス18℃以下の環境でも生き抜く生命力を持っています。

冷凍庫に入れると一度活動停止状態になりますが、適温になると再び活動を始めます。
逆に高温には弱く、63℃を超えると死滅してしまいます。しかも多くの種類がある乳酸菌のほとんどは消化の過程で、胃液や胆汁によって死んでしまいます。

ではなぜ製造過程で死滅するはずの焼き菓子に使われたり、商品のパッケージに「乳酸菌」と記載するのでしょうか。
実は生きていない(死菌の)乳酸菌にも、健康への有効性が認められているのです。

生菌のはたらき

乳酸を作り出し、大腸を、悪玉菌がきらいな酸性の状態にします。
これは、弱酸性を好む善玉菌のはたらきを助けることになります。
また、酸は腸の蠕動(ぜんどう)運動を促します。

死菌のはたらき

乳酸菌は死んでしまっても、糖、たんぱく、細胞質などの成文は残り、それが生菌や善玉菌の栄養源になります

小腸で消化しきれなかったたんぱく質や変質した脂質は悪玉菌が好みますが、それらが大腸に届く前に、それらに死菌が吸着し、最終的に悪玉菌の力を弱めるとも言われています。

今 でる美

なるほど~。生菌と死菌とでは、どちらも腸内環境を調えるはたらきがあるけれど、その過程が異なるんだね!

さいごに

生きていない菌にも知られざる力があったのです。

生きていなくてもその物質自体が効果を発揮する乳酸菌には、プロバイオティクスのように、バイオジェニックスと呼ばれることがあります。
生きている乳酸菌も生きていない乳酸菌も、うまく取り入れて日頃からバランスの取れた健康的な食生活を送っていくことが大切なのです。

その健康的な生活をサポートしてくれる心強い存在、「善玉菌プラス」はもうご存知ですか?
生きて腸まで届く3種類の乳酸菌と、4種類の必須栄養素を1包に凝縮したヨーグルト味の善玉菌プラスは、1日1包を摂るだけでよく、無理なく続けられ、おなかの調子をきれいに整えてくれますよ!