腸内ケアで眠りの質を高めよう

こんにちは、おなかマートブログです。

お花見の季節となりましたが、毎年桜の木の下で寒さに凍えている人も定番となっていますね。
まだまだ寒い時期は続きます。外出の際は寒さ対策を忘れず、風邪には十分に気を付けましょう。

さて、今回は、現代人の5人に1人が抱えていると言われている「睡眠トラブル」のお話です。

実は腸の中の環境やはたらきも、睡眠に深く関係しているのです。
冬から春、春から夏にかけての季節の変わり目は、自律神経が乱れて寝つきが悪くなりやすいことで知られていますね。

腸内環境をケアして、よく眠れる体づくりを始めてみましょう。

睡眠トラブルが起こってしまう原因は、体内時計の乱れ??

今 でる美

最近、よく夜更かししちゃうんだけど、いくら寝ても寝た気にならないんだよね。
それは、メラトニンがしっかりと分泌されていないことが原因かもしれないよ!

玉ちゃん

私たちが眠気を催すのは、脳の中心にある松果体という部分から分泌される「メラトニン」という睡眠ホルモンの作用によるものです。

メラトニンの1日の分泌は体内時計によって管理されており、朝日を浴びると分泌が止みますが、その約15時間後にふたたび分泌量が増え始めるようになっています。

しかし、不規則な生活習慣や、昼夜問わず明るい環境にいると、目から入った光が、松果体に作用して、メラトニン分泌を減らしてしまいます。その結果、体内時計の乱れてしまいます。

体内時計が乱れれば、昼間に活動して夜に休息を取るという人間本来の生体リズムが狂ってしまい、メラトニンの生成や分泌がうまくいかなくなってしまいます。

さらにストレスも快適な睡眠の大敵です。
緊張している状態の交感神経の働きが夜になっても活発なままだと、交感神経からリラックスモードの副交感神経への切り替えが上手くいかなくなり、寝つきも悪くなります。

太陽の光を浴びることで、体内時計の乱れはリセットされます。
人間本来の生体リズムを取り戻し、1日を快調にスタートさせるためには、毎日同じ時間に起床して朝日を浴びることがなにより重要です。

また、1日3回の健康的な食事も体内時計の調整に役立ちます。
特に、一人暮らしの社会人の方などは欠かしがちな朝食ですが、極力欠かさないようにしましょう。

「第二の脳」と言われる腸の動きは直接的に脳に伝わるため、朝食によって体内時計のスイッチが入りやすくなるのです。

ですので、ストレスはため込まないよう、日ごろからストレスの発散を心がけ、自律神経の働きを整えることが重要と言えます。

腸内細菌が睡眠ホルモンの生成に関係している!?

メラトニンの生成には、必須アミノ酸の一種「トリプトファン」という栄養素が必要になりますが、そのトリプトファンは食品からしか摂取することができません。

そこで重要になってくるのが腸内細菌です。
腸内細菌が肉や魚、乳製品などに含まれるタンパク質を分解・合成し、トリプトファンを作り出すことで、メラトニンの生成を助けています。

腸には約100種、600兆個という天文学的数の細菌がすみついており、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」がそれぞれグループを作り、腸内フローラと呼ばれる生態系を形成しています。

腸内細菌が多く、バランスがとれた腸内フローラが形成されている腸ほど、メラトニンの生成や分泌が盛んにおこなわれます。

また、心の安定をもたらすホルモン「セロトニン」は、メラトニンになる前のものです。
腸内細菌の数が減ってはたらききが衰えると、セロトニンが不足し、メラトニンも不足することになります。このことからも、うつ病と不眠症が併発しやすい理由がうかがえますね。

以上のように、腸内細菌は睡眠や心の健康、健康的な生活に大きく関与しており、活発な腸内細菌がすむ腸内環境を維持することが大切なのです。

腸内環境は日頃から整えておくことが大切!

健康的な睡眠、日々の生活を維持するためには、日ごろから腸内環境を整えておくことが大切です。

そこで、いま注目を集めている「善玉菌プラス」をご存知でしょうか。

乳酸菌などお腹の健康を保ってくれる善玉菌を配合した、粉状、スティックタイプのお腹の味方です!
手軽に腸内の整理を続けて、質の高い睡眠を実現しましょう!