ウォーキングが腸内環境を整える?運動の有効性

こんにちは。おなかマートブログです。
1日シャツ1枚で過ごせるくらい暖かい季節になってきましたね。

さて、ウォーキングなどの運動を人生の比較的早い段階でおこなっていると、脳を健全に保ち腸内環境が健康になる、という研究発表をご存知でしょうか?
運動をすると腸内フローラを改善できるのです。

今 でる美

運動が脳にまで影響を与えるって、ほんとなの??
最近の研究によって、分かってきていることだよ!

玉ちゃん

今 でる美

今からウォーキングしてくる!

ウォーキングで健康になる腸内環境

「生活習慣病の治療が思うように進まない」
「ダイエットの効果が現れない」

その様な場合は、腸内環境が関係している可能性があります。

腸内細菌と聞けば、一般的に「善玉菌」と「悪玉菌」を思い浮かべる方が多いと思いますが、私たちの腸内には100兆を超える、何百種類もの細菌が棲みついています。

まだまだ解明されていないことは多いですが、その腸内の細菌たちが出す物質が、健康に深く関係していることが徐々に分かってきています。

腸内環境は、ガンや糖尿病などの深刻な病気や、肥満や老化など好ましいとされない体質だけでなく、脳にまで影響していると考えられています。
 
 
米コロラド大学のチームによる発表では、人生の早い段階でウォーキングなどの運動をおこなうことで、この腸内フローラがより健康的になるそうです。

また、それ以後の人生においても、脳をより健全に保つことができると考えられています。
 
 
運動をすれば、血中のブドウ糖や脂肪酸が利用されます。

血糖値の上昇を抑えることができ、減量効果を得られるほか、メンタルにも良い影響を与えると言われています。
 
 
それに加えて、腸内環境も改善し、免疫システムやさまざまな神経機能の発達にも良い効果をもたらすなど、運動と腸内細菌についての関係が徐々に解明されてきています。

早ければ早いほど効果大!運動をはじめる時期

腸内細菌は人間が産まれたときから腸内に棲みついています。

腸内環境は、食事や運動、睡眠などの生活習慣によって変えていくことができますが、若い頃に基礎ができている可能性があると考えられるようになりました。

マウスを使った研究により、毎日運動をおこなったマウスの腸内では良好な腸内フローラが作られており、運動をしなかったマウスに比べると、体に良い影響を与える善玉菌の状態も良いということが確認されたのです。
 
 
また、健康な腸内フローラは脳の機能の健康にも関係していると言われており、抗うつ作用をもたらします。

脳は腸内細菌の出す物質の影響を受けていることは既に知られていますが、「運動が腸内環境を改善するという効果は、運動を始める時期が遅くても保たれるのか?」についてはよく分かっていないというのが現状です。

しかし、人生において運動をはじめるのは早いほど良いとされており、それにより腸内の環境が改善し、さらに脳にも良い影響を与えることが分かっています。

生活にウォーキングなどの軽い有酸素運動から取り入れてみてはいかがでしょうか?

おわりに

健康を保つには、腸内細菌のはたらきを無視することはできません。

腸内で善玉菌を増やし、そのはたらきを活発化するためには食事のみならず、運動も大切なのです。

運動は腸内細菌の状態を改善し、免疫力や代謝を高めます。
 
 
また、毎回の食事を気にしたくてもできないというお忙しい方には、「善玉菌プラスがオススメです。
一日1包の粉末タイプで、善玉菌の代表である乳酸菌3種類と、オリゴ糖、食物繊維などの必須栄養素が一度で摂取できます!